精液検査の方法や費用、検査病院を紹介する情報サイト 精液検査.com

精液検査について

■ 不妊の原因の半数近くは男性側にある

これまで不妊症は女性が原因であるという意識が社会的にも強くありましたが、近年は調査研究の進展にともない、半数近くは男性が原因であることがわかってきました。その原因の一つが精液・精子の異常です。健康な人では十分な量の精液中に数多くの精子が非常に活発に動いているのですが、何らかのトラブルにより精子の量が激減していたり、精子の運動機能が低下して卵子まで精子がたどり着けなくなっていたり、中には奇形の精子が生産されているケースもあります。このような精液・精子の状態をチェックするための検査が“精液検査”です。

■ 不妊治療の始めは精液検査

精液検査は泌尿器科や産婦人科などの不妊症治療が専門のクリニックで行っています。男性が不妊治療を受けられる場合はまず精液検査から始まります。精液の状態を確認することで、精子に問題があるのか、もしくはそれ以外の身体的・メンタル的な問題があるのかがはっきりしてきます。また、最近では簡易な検査として採取した精液を郵送して検査ができる検査キットなども登場していますので、不妊治療とまでいわず単純に精液の状態を知りたいという方は検査キットで試すという方法もあります。
→精液検査の方法

精液検査には採取方法や検査前の準備(禁欲期間)など、いくつか守るべき事項があります。病院選びの目安ともなりますので事前に確認しておきましょう。
→採取方法と禁欲期間

■ 進んで検査を受けましょう

男性は“子供をつくれない”というレッテルを貼られたくないという意識から不妊治療を受けることを拒む傾向があるようです。ちょっとした治療により子宝に恵まれる可能性がありながら放置しておくことはたいへん残念なことです。日本では夫婦6組中に1組の割合で不妊症に悩んでいると言われています。女性側だけに治療を任せるのではなく、男性の方もまずは精液検査から始めてみましょう。